白金シェ・トモ ナチュラル キュイジーヌ、お店が可愛い一軒家フレンチレストラン

白金シェ・トモ ナチュラル キュイジーヌは、白金に佇む可愛い外観のお店。
大きな窓があり見るからに素敵な白と木を基調とした邸宅風の一軒家レストラン。

白金シェ・トモ ナチュラル キュイジーヌにお店に入るとジェントルマンな店員さんが席に案内してくれた。

少し奥にある半個室のような席。
そこには大きな窓がある。

窓の外には緑があって、緑の間からやさしく、でも明るく、陽の光が差し込んでいる。
後ろを見ると少し雰囲気の違うシックな感じのテーブル席、カウンター席もあった。

ランチタイムのプリフィックスコースで、お値段3500円。
これには4皿のお料理が含まれている。
どれもこれも、テーブルの上に置かれた瞬間「わぁ」と嬉しくなるような目にも嬉しい美しい品々。

野菜があらゆるところに使われていて、本当に丁寧に料理されている。
フォアグラ、ステーキ、お魚料理、全て眼福、そして体が喜ぶおいしさ。

白金シェ・トモ ナチュラル キュイジーヌ名物の小さなお野菜が並んだプレートも、数十種類の野菜が乗っているのだがすべて違う味付けで調理されていて、小さな一口の中に物語がある。

極めつけのデザートは、果物が運ばれてきて「今日はこの果物から作るデザートですが、どの果物がよろしいですか?」と聞かれる。
なんという素敵なプレゼンテーションだろう。

ラ・フランスの良さがこれでもかというくらい引き出された、イマジネーションデザート。
最後まで目も体もそして心まで幸せにしてくれるレストランだった。

店名:白金シェ・トモ ナチュラル キュイジーヌ
住所:東京都港区白金5-15-5 1F
電話:03-5789-7731

新潟市西区 フレンチ食堂ブラッスリー・ポー 間違いない美味しさ

ブラッスリー・ポーは、前菜、スープ、パン、メイン料理、デザートとドリンク、どれをとっても「おいしい!!」と心から思えるお店です。

メインはもちろんですが、ブラッスリー・ポーで特におすすめしたいのはスープです。
だいたいはコーンクリームスープが出てきます。

時々違うスープのときがありますが、クリームスープ系は本当においしい。
テイクアウトでも売ってほしいほどのおいしさです。

プラス料金でおかわりをしたいほどですが、残念ながらそのようなシステムはなさそうです。
それくらいおいしいスープをぜひおすすめさせていただきたいと思います。
メインは肉料理、魚料理、パスタから選びます。

お店としては、「ポー」とあるだけに、豚肉の料理がおすすめかと思ってますが、魚料理、パスタも負けずにおいしいです。
ブラッスリー・ポーのお客さんも、ほとんどの方がこの料理を選んでいる!というよりは、みんなそれぞれ好きなものを選んでいるように見えます。

ブラッスリー・ポーはどの料理もおいしいから、注文もひとつの料理に片寄らないのだと思います。
おいしくてこだわっている料理をさっとカジュアルに食べたいときにおすすめです。

店名:フレンチ食堂 ブラッスリー・ポー
住所:新潟県新潟市西区坂井東4丁目15−16
電話:025-211-4792

東京・池袋 ラシーヌ Racines Bistro、焼きたてパンと自家製ドレッシングに虜

ラシーヌの緑に囲まれたカワイイ牛の看板に惹かれて地下に通じる階段を降りると、思ったより広く木をふんだんに使った落ち着きのある空間とパンのいい香りに癒されます。
ランチ、アフタヌーンティー、ディナーと営業していますが、今回は2240円の3コースランチの紹介です。

全てのランチメニューについてくる焼きたてのプレミアムブレッドは、国産の小麦とはちみつを使ったしっとりふわふわな食パンで、2つに割ると小麦の優しい香りがさらにたち食欲をそそります。
そのまま食べても美味しいのですが、ついてくる甘さ控えめ、フカフカとした食感のホイップバターをつけて食べると幸せが倍増します。

その後、ラシーヌ本日のスープが運ばれてきます。
スープはその時々によってコンソメだったりトマトだったり、たっぷりサイズのスープボウルに入っています。

そして、ラシーヌこだわりのサラダ。
契約農家から直送の無農薬野菜だそうでその新鮮さは勿論ですが、好きなだけかけられる大葉と玉ねぎのクリーミーなドレッシングは甘みとコクと酸味のバランスが絶妙で、店頭で販売されているぐらい人気があります。

メインは肉か魚を選べるようになっていて、牛サーロインステーキ ガーリックグレービーソースは噛み締めるほどに肉の旨味が広がり幸せなランチを締めくくってくれます。

最後にコーヒーか紅茶がついていますがお腹に余裕があれば300円追加でデザートがつきてきます。
もう少し軽めのサラダメインのものやサンドイッチがついたセットメニューもあります。

通常ランチというとメインを考えて店を選ぶことが多いと思うのですが、ラシーヌはこのプレミアムブレッドと自家製ドレッシング目当てに通いたくなる、しばらく食べていないと無性に恋しくなるそんなビストロです。

店名:ラシーヌ Racines Bistro
住所:東京都豊島区南池袋2-14-2 ジュンクドウ書店池袋ビルB1
電話:03-5944-9622

MEGU 高尾台本店、金沢市窪にある雰囲気のいいフレンチレストラン

金沢市の山手にあるレストラン、MEGU 高尾台本店。
MEGUの外観は、優しい雰囲気を映し出していて休日の時間を過ごす場所としてとてもしっくりときます。

料理のメニューを見てみるとフレンチレストランのようでもありますが、我々日本人が大好きなスパゲティもあるのがうれしいです。

MEGUおすすめはランチのコースです。
メインによって数種類のコースがあり、それぞれに前菜のブッフェが付いてきます。

メイン料理が運ばれてくるまでにしばらく時間がかかりますが、自分で前菜を取りに行って食べ始めることができるので、お腹が空いて待ちきれないなんてことがありません。

小さい子供がいてもぐずらせずに済みます。
スタッフさんにお願いすれば、子供用の食器や椅子なども持ってきてくれるので助かります。

MEGUのランチコースの内容ですが、一番安いコースだと2000円以下で食べられます。
一番安いといっても、メイン料理は数種類の中から選ぶことができますし、このお値段で前菜が好きなだけ食べられるのですから、お得だと思います。

ブッフェの内容も身体に優しい野菜メニューを中心に、肉類や魚介類もあるので物足りなさを感じません。
そして最後に飲み物とデザートが付きます。

時間の制限がないので、MEGUは女性同士で話が尽きるまでおしゃべりできます。

店名:MEGU 高尾台本店
住所:石川県金沢市窪4丁目400
電話:076-280-7575

駒込フレンチ un petit tour アンプティトゥール、東京都文京区にあるコースのみのフランス料理店

店名:駒込フレンチ un petit tour アンプティトゥール
住所:東京都文京区本駒込5-72-14 船崎ビル1階
電話:03-6902-9767

アンプティトゥールでは、アラカルトのメニューがなく、コースのみの提供となっています。
平日のランチは2550円~11000円、土日祝のランチは3900円~11000円、ディナーは7300円~15000円の価格帯で食べることができます。

アンプティトゥールのメニューに関しては毎回違うものになっており、リクエストをすれば好みにあわせたものにしてくれます。

顔合わせプランや記念日プランは個室を使用することができ、記念日プレートはとても華やかで、記念日に合わせて音楽やオルゴールを流してくれることもあります。

料理に関しては全てシェフが1人で作っているそうで、調味料は塩と胡椒以外使わずに素材の味を引き出して仕上げてあり、健康的でとても美味しいです。

アンプティトゥールで特におすすめなのがスープです。
時期や仕入れ状況により異なりますが、フルーツを使用したスープが多く、とても優しい味わいです。

りんごや洋梨やキウイフルーツなどのスープには使用しなさそうな食材を使用するので、毎回驚かされます。
とても優しい、他では味わえない味なので本当におすすめできます。

また、アンプティトゥールはワインも豊富に取り揃えられており、グラスワインは1000円前後の値段で提供されています。
ボトルはお手頃な価格から高価なものまで揃えられており、ワインリストは驚くほど掘り出し物が詰まっていますので、ワインが好きな方には堪らないお店だと思います。

接客についても、アンプティトゥールは柔らかい接客でとても気遣ってくれるので心地が良いです。
お水やボトルワインはグラスの中身が減ったらすぐに注ぎ足してくれます。

また、最初のメニュー説明の時は馴染みのない調理方法や食材が使用される時はどういったものなのか説明してくれるので、とても有難いです。

退店の際もドアを開けてくれ、姿が見えなくなるまでお見送りをしてくれるのがとても嬉しいです。

ル ゴロワ、山口市にあるアットホームな雰囲気の本格フレンチレストラン

山口市にはフランス人のご主人と日本人の奥様が経営されている家庭的フレンチレストランの「ル ゴロワ」というお店があります。
ル ゴロワのお店は以前名古屋にあったようですが、引っ越しとともに山口でお店を開かれたようです。

こちらのお店はランチがとてもお得になっています。
1500円程度で前菜やメイン料理とバケットにデザートまでがついてきます。
メイン料理も6種類ほどから選ぶことができ、肉料理から魚料理までラインナップも様々です。

ル ゴロワの中でも特におすすめなのが「グラタン」です。
フランス産のチーズを使用されているとのことで、普段家庭で作るようなグラタンとは全く異なるグラタンを楽しむことができます。

フランス産のチーズといってもそれほど癖はなく、グラタンに入っているじゃがいもや玉ねぎ、ベーコンの素材の味を活かしつつもチーズの風味もしっかり感じられる非常に美味しい一品となっています。

また、こちらのル ゴロワの名物はエスカルゴです。
ランチメニューにエスカルゴはありませんが、ランチタイムでもアラカルトで注文することができるため、大半のお客様が注文をされています。

6つで約1000円なので、頼みやすいのも嬉しいポイントです。
エスカルゴはオイル漬けされているため、出汁がよく出たオイルをバケットにつけて食べるのも非常に美味しいですし、エスカルゴそのものもバターの香りが漂い、それだけでも十分美味しさを感じられます。

さらに、こちらのル ゴロワの名物が、気さくなシェフによる接客です。
日本の滞在歴が長いこともあり、フランス人のシェフは日本語で冗談を交えながら接客してくれるほどのフレンドリーな方。

お料理を作るだけではなく、ご自身でサーブもしてくださるのですが、その際に色々と話しかけてくださり、食べているこちらも自然と笑顔になれます。

ル ゴロワはお店自体もそれほど広くはないので、アットホームな雰囲気と明るく元気なシェフが作りだす楽しい雰囲気の中で味わえる本格的なフレンチは、何度でも通いたくなるお店です。

店名:ル ゴロワ Le Gaulois
住所:山口県山口市湯田温泉6-3-22
電話:083-902-0900

西洋料理 萬吉、長崎県大村市にある幸せいっぱいになるフレンチレストラン

萬吉のメニューは月替りのコース一つで、2100円です。
メインを6品から一つ選びます。

前菜、スープや魚料理、肉料理、デザートまで、7品ほどの料理が提供されます。
一つ一つにセンスの良さとシェフの優しさが溢れています。
量はそんなに多くないので、少しずつ楽しむことができます。

萬吉の奥様がほんとに良いタイミングで料理を運んできてくださり、細やかなお心遣いを感じます。

そして、なんとご飯を頼むとパンもついてくるのでお得感があります。
フランスパンとかぼちゃパンはふわふわでとっても美味しいです。

ワインは白と赤のみで、300円ですが、量も多く十分に満足できます。

最後に素敵なカップに入ったコーヒーが提供されます。
飲み終わると、奥様がおかわりを注いでくださいます。
壁にはたくさんのコーヒーカップが飾ってあり、インテリアにもサンスの良さがあふれています。

そして、萬吉はトイレもとっても凝っていて面白いです。
料理のお皿もオーナーさんのこだわりを感じます。

味も素晴らしいですが、器の美しさも楽しむことができますので、一石二鳥、いえ、一石三鳥のお得感のあるお店です。

萬吉の店内は、テーブル席とカウンター席があり、広くありませんが、家庭的な雰囲気で居心地がとてもよいお店です。
お友達とはもちろん、カップルやご家族、記念日などに活用するなら幸せなひと時となるに違いありません。

萬吉は人気店なので、予約して来店することをお勧めします。

店名:西洋料理 萬吉
住所:長崎県大村市溝陸町340-14
電話:0957-52-0535