サハディ、上田市中央のショッピングセンター内にある本格インドカレー店

店名:サハディ
住所:長野県上田市中央5-13-31
電話:0268-75-7762

サハディは上田市の中心部にあるショッピングセンター内に店を構えるインド料理店です。

サハディおすすめは本場インドカレーが楽しめるLUNCH SET(B)(1,050円)です。
大きなナンかライスのどちらかを選べ、好きなカレーを2種類選択して頂きます。

選べるカレーは、チキンカレー、野菜カレー、マトンカレー、そして豆カレーの4種類で、いずれも本場インドの定番です。
加えて、タンドリーチキンとチキンティッカ(タンドリーチキンの一種で、インドの郷土料理的な味わい、骨が取ってあるタンドリーチキン)のいずれかが選択できます。

また、ドリンクもセットでついてくるでコーラかお茶の好きなほうを選びましょう。
いずれにしてもサハディは自由度の高いランチセットになっているのが特徴です。

味わいは、本格インドカレーですが、日本人でもおいしくいただけるようにローカライズされているのもうれしいポイントです。

サハディの店員さんは、本場のインド人。
しかし、日本語は通じるので安心して注文をオーダーできます。
ただ、注文や料理以外の話題(世間話など)は若干通じにくい点があるので注意してください。

ショッピングセンターの買い物ついでに、サハディに寄ってみるのもおすすめです。

うさぎや、いわき市遠野町にあるテイクアウト専門のおにぎり店

うさぎやは、いわき市遠野にあるおにぎり屋さん。
いつ行っても混雑しているお店です。

おにぎりをテイクアウトするお店なのですが、並んで待っていると、みんなが、20個、30個と大量買いしていくのです。
そのため、自分の前でなくなってしまわないか、いつもひやひやして並んでいます。

そんなうさぎやさん。
おにぎりが有名ではありますが、その中でも有名なのが、みそおにぎり。
ほかにも明太子や鮭などいろいろなものがあるのですが、やっぱりみんなが買っていくのはみそおにぎりが多いのです。

うさぎやを訪れた人は、他の人へのお土産としてみそおにぎりを買っていく人もいるとか。
また職場の人がみんなの注文を聞いて、まとめ買いしていくこともあります。
また近くには高校もあるので、放課後に購入して買い食いなんてこともあるとか。

香ばしくてみそがたっぷり。
そして中には梅が入っているのですが、おにぎりに梅ってありがちですよね。

しかしここのうさぎやのみそおにぎりの中には、なんとカリカリ梅入っているんです。
それがまた子どもにも大好評なんですよ。

更にうれしいのは、メンチカツやからあげなど、ちょっとしたおにぎりのお供を購入することが出来ること。
うさぎやは価格も安くおにぎりを合わせて購入していく人も多いです。

店名:うさぎや
住所:〒972-0161福島県いわき市遠野町上遠野字太田60-1
電話:0246-89-3286

串もん屋、久留米市西町にあるテイクアウトの焼き鳥店

店名:串もん屋
住所:福岡県久留米市西町1010-13
電話:0942-37-6228

新型コロナウイルスが流行してからテイクアウトへの需要が伸びてきたが、串もん屋は、それよりも前にテイクアウトに特化した焼き鳥店として営業しており、人気のお店の一つであります。
串もん屋の場所は、西鉄花畑駅より徒歩5分ほどの立地にあり、非常にアクセスが良いのも特徴の一つです。

串もん屋のメニューは、80円~150円(税別)での展開となっており、牛タン串・牛カルビ串などもある中で、この値段設定になっているのは非常にリーズナブルな価格となっています。

中でも、35本盛りで3,000円という破格の盛り合わせもあり、友人と集まったり、家族でのお祝い事などの時に頼んでいますが、豚バラやつくね等、子供~大人までが番人的に喜んでくれるような組み合わせになっており、おススメの内容になっています。

もちろん、全般的に味も非常においしく、私自身も焼き鳥で有名な久留米の中で、店内で飲食できるお店よりも、持ち帰りなら「串もん屋」と決めているくらい美味しい味となっています。

また、しっかり炭火ですので、お酒との相性は特に良い香り・味付けになっている部分もおススメになります。

キッチン ファームヤード、北海道由仁町の農場敷地内にあるカレー店

北海道夕張郡由仁町にある「キッチン ファームヤード」は、農場の敷地内にある自家製、地産のお料理が楽しめるレストランです。

農場で収穫された採れたての野菜やハーブを使ったお料理やソース、そしてやはり農園で採れた果物や野菜を使った宝石のようなケーキたち。
それを2階にあるレストランで周りの田園風景と夕張の山々の壮大な景色を見ながらいただけます。

ファームヤードのオススメは、何と言っても十種類のオリジナルブレンドのスパイスと十種類以上の農場で収穫された旬の野菜がたっぷり入ったスープスパイス。
季節によって入っている野菜が違うので、いつ食べても新しい発見があります。

メイン食材は全6種類。
チキン、ポーク、大豆、野菜、鶏ごぼうつくね、渡り蟹から選べます。

辛さは「なし」~「超激辛」までの7段階。
お子様スープカレーも用意されているのが嬉しいですね。

そのほかにも季節限定のスープスパイスが数量限定で登場します。
こちらのセットには採りたて野菜のサラダとライスまたはピタパンがつきます。
メインによってお値段が変わりますがセット価格で1,350円から。

またファームヤード1階の売店では採れたて野菜やケーキやスムージーなど買うことができます。
いちごタルトは大人気で1人当たりの購入台数が毎年制限されていますので、見かけたらぜひ手に入れることをオススメします。

なお、現在コロナ対策のためファームヤード店内への入場制限をされています。
かなり混んでいますが、順番を自家用車の中や周囲の景色を見ながら散策しつつ待つことができます。

店名:キッチン ファームヤード
住所:北海道夕張郡由仁町西三川913
電話:0123-86-2580

日本橋小網町のロットチェントはパスタランチがお得でおすすめ

最寄りの茅場町駅から徒歩5分ほどのところにあるイタリアンロットチェントは、シチリアの雰囲気のある明るいトラットリアな雰囲気のお店です。
ロットチェント店内では、男性のホールスタッフさん・調理スタッフさんが元気に声をかけてくれて、青を基調とした店内に異国に来たかのような気分にさせられます。

パスタがウリで、浅草開化楼と共同開発したというモチモチの太麺を使ったパスタランチがコスパもよくておすすめです。
中盛りまでは無料でできるのも魅力的です。

パスタランチは3種類ほどのパスタの中から好きなものが選べますが、ロットチェントで人気なのは定番メニューのアラビアータです。
辛いのですが、旨味のある辛さなのでクセになります。

ランチには自家製パンとドルチェがつきます。パスタランチのパスタは季節によってバリエーションがあるので、飽きずに通うことができるお店です。
ロットチェントに来店がはじめての方には、スタッフさんが事細かにランチの内容の説明をしてくれます。

支払いも界隈では珍しくPayPayなどのQRコード決済やカードが利用できるのでとても便利です。

店名:ロットチェント
住所:東京都中央区日本橋小網町11-9 ザ・パークレックス小網町第2ビル
電話:03-6231-0831

リアンティーク、流山市にあるランチとケーキがおすすめのカフェ

休日に通りかかると車も満車、店内も混雑しているようすで人気の流山にある、リアンティークにいってきました。

リアンティークはオープンしてからさほど時間もたっておらず、小さなお店なので休日はいつも混雑している印象です。
休日に訪れる際は時間に余裕をもっていくこと、車ではなくできれば自転車や徒歩でいくことをおすすめします。

気になるお料理ですが、基本はランチはサラダとスープがついてくるセットになっており、希望によってドリンクとケーキもセットにつけることができます。

リアンティークのランチメニューはパスタとサンドイッチがメインなようです。
また日替わりにはなるようですが、チキングリルのランチセットも用意がありました。

パスタランチを頂きましたがとてもおいしくて、素材の味が生きていて、ぺろりと頂きました。セットのスープは季節にあわせたポタージュで、こちらも濃厚で大変美味しかったです。

ケーキとドリンクのセットも大変満足でした。
ケーキはおみせにあるショーケースから好きなものを選んで購入するので、とても魅力的です。
ドリンクもボリュームがありおいしいので、リアンティークはカフェとしての利用にも最適だと思います。

リアンティークは、お店の雰囲気も落ちつけて、特に窓側のソファせきはゆったりすわれてゆっくりお話しするにもおすすめです。

店名:リアンティーク
住所:〒270-0162 千葉県流山市木462−4
電話:04-7199-8899

白金シェ・トモ ナチュラル キュイジーヌ、お店が可愛い一軒家フレンチレストラン

白金シェ・トモ ナチュラル キュイジーヌは、白金に佇む可愛い外観のお店。
大きな窓があり見るからに素敵な白と木を基調とした邸宅風の一軒家レストラン。

白金シェ・トモ ナチュラル キュイジーヌにお店に入るとジェントルマンな店員さんが席に案内してくれた。

少し奥にある半個室のような席。
そこには大きな窓がある。

窓の外には緑があって、緑の間からやさしく、でも明るく、陽の光が差し込んでいる。
後ろを見ると少し雰囲気の違うシックな感じのテーブル席、カウンター席もあった。

ランチタイムのプリフィックスコースで、お値段3500円。
これには4皿のお料理が含まれている。
どれもこれも、テーブルの上に置かれた瞬間「わぁ」と嬉しくなるような目にも嬉しい美しい品々。

野菜があらゆるところに使われていて、本当に丁寧に料理されている。
フォアグラ、ステーキ、お魚料理、全て眼福、そして体が喜ぶおいしさ。

白金シェ・トモ ナチュラル キュイジーヌ名物の小さなお野菜が並んだプレートも、数十種類の野菜が乗っているのだがすべて違う味付けで調理されていて、小さな一口の中に物語がある。

極めつけのデザートは、果物が運ばれてきて「今日はこの果物から作るデザートですが、どの果物がよろしいですか?」と聞かれる。
なんという素敵なプレゼンテーションだろう。

ラ・フランスの良さがこれでもかというくらい引き出された、イマジネーションデザート。
最後まで目も体もそして心まで幸せにしてくれるレストランだった。

店名:白金シェ・トモ ナチュラル キュイジーヌ
住所:東京都港区白金5-15-5 1F
電話:03-5789-7731