札幌市カメラ買取ならマップカメラ宅配買取がおすすめ!

カメラ買取を中古ショップに依頼した時、思ったよりも高値で買い取ってもらえないことがあります。

それはどうしてかというと、カメラが価値がないという事よりも、買い取ってもらう店が悪いという事があります。

札幌市に住んでいる私は、中古カメラ買取をお願いしようと思った時は、ネットで少しでも高値で買い取ってもらえそうな店を選んで買い取ってもらいました。

Continue Reading

東芝の洗濯機「AW-9V5」と他社品の違い

私が購入したタテ型洗濯機は東芝製の「AW-9V5」になります。
洗濯機を選ぶ際に重視するポイントとしては洗浄力や乾燥機能、省エネなどがあげられますが、私が機種選定の際に最も気にしたポイントは洗濯槽の黒カビ対策と動作音です。

AW-9V5の洗濯槽はマジックドラムと言い、洗濯槽表面が防汚コーティングされています。
このコーティングにより黒カビの栄養源となる洗濯汚れなどが通常の洗濯槽より付着しにくくなっています。

また洗濯槽を洗浄する水には除菌・殺菌効果がある銀イオンAg+が含まれており、より一層黒カビが生えにくくなっています。
カビプロテクトという機能は洗濯終了後に洗濯槽を温風で乾燥させるもので、黒カビが増殖する条件の一つである湿気を取り除くことが出来ます。

このような各種機能により、洗濯槽の黒カビは他社品より遥かに生えにくくなっています。
また、動作音についても一般的なタテ型洗濯機は振動が起こりやすい構造のため、動作音が大きくなる傾向があります。
一方でAW-9V5はDD(ダイレクトドライブ)モーターという東芝独自開発のモーターを採用しており、振動を極力抑えることで動作音が小さくなっています。

洗濯槽にカビや汚れが付くと洗剤や柔軟剤が食われてしまうので規定より多い量が必要になり、洗濯後の洗濯物からは柔軟剤の臭いだけでなくかび臭さを感じることがあります。
実際にこの洗濯機を1年近く使用していますが、非常に清潔かつ動作音も静かで、今だに購入当時の新品の洗濯機と同じくらいに洗濯物から柔軟剤の香りがしています。

少なくとも黒カビが生えてきているような兆候は一切見られません。
マンション暮らしなのですが、動作音が非常に静かなため、仕事で帰りが遅くなっても夜中に洗濯することが可能となっています。

長期的に使用することを念頭に置くと、黒カビ対策がばっちりされているこの洗濯機AW-9V5はおすすめできます。

富士通製エアコン「ノクリアZSシリーズAS-ZS28F」を購入。

昨年購入した富士通製のエアコンです。
メーカー及び型式は「富士通製、ノクリアZSシリーズ、AS-ZS28F」になります。
畳数の目安は8畳から10畳の物になります。

消費電力は冷房時560kw、暖房時は700kwとなっております。
省エネ基準達成率は117%(2010年度)と最新の省エネタイプと比較すると若干落ちるかも知れません。
我が家では今回購入前のエアコンは何と約30年前に購入した物でした。
コロナ製の冷房のみのエアコンでしたが故障することなく約30年間動いてくれました。

ただ、今はやりの「省エネ」を意識したものでは無く、夏場の冷房のみの使用でしたが電気料は結構高くなっていたと思います。
エアコン使用時の音も結構大きく気になっておりました。
今回買い替えに当たっては三菱、パナソニック、ダイキン等も候補に挙がりましたが、最終的には値段が比較的お得感のあった富士通製になりました。

使ってみて一番に感じた事は音がとても静かです。
現在冬なので暖房で使用しておりますが、ついていないのではと思う位です。
室内の暖まり感は申し分無く、とても暖まります。

昨年までは冬場の暖房は石油ファンヒーターを使用しており、毎週灯油を買ったり、灯油の補充が必要でしたが今年はそれらをすることなく過しております。
気になる電気代は未だ判りませんが若干灯油より高いのかも知れません。
先ずはこの冬はエアコンで通してみたいと思っております。

テスコムの大型ヘアードライヤーTD121-Kブラック。

テスコム ヘアードライヤーTD121-Kは、美容室などに普通によくある形状の大型なドライヤーです。
重量は480g と 個人用にしては少し大きめな割には重量は500g 以下と軽めであり扱いやすく感じます。
TD121-Kの消費最大出力は1200ワットで 一般的なロックできるターボ付きです。
また、送風口先端のエアダイヤルで外気を取り込んでソフトに髪を乾かすこともでき、髪の痛みを防ぐ事にも対応しています。

かかりつけの美容師さんに個人用では一番のコストパフォーマンスと聞き、TD121-Kを買い求めましたが、プロの方でも使ってるだけのことはあり 、まず風量の大きさに驚きます。
通常の家庭用の筒の後ろから空気を取り込むタイプとは違って、美容室で使っているタイプの両脇の吸入口から風車の回転で空気を取り込むので、本体が大きくなってしまうぶん、同じ電力で強力な風を送り出せます。

また両手を使って髪を乾かす場合には、置いて使うことも出来るのですが、TD121-Kは本体が大きい分、かえって安定性があって使いやすいです。
収納時にコンパクトに折りたたんだり、ハンドバッグに入れて持ち運ぶには、かなり嵩張るので、その点は少しデメリットかもしれませんが、大きい風量でとにかく早く乾かすという点に特化しているので、2000円前後と言うお値段を含めると大変満足しています。

シャープ製の掃除機EC-NX500を購入。

とにかく、軽いのが持ち運びの時に嬉しいです。
EC-NX500本体は小さくて、ホースを外して収納可能です。
グルまる収納といってかなり小さく(床から約35cm)なりますが、私の場合は面倒なのでそのまま縦置きしています。

EC-NX500を縦置きにした時、掴む取っ手がないので(横にしたらあります)取り出す時にホースの部分をついつい持ってしまって、ホースが破けてしまいました。
自分が悪いのですが、縦置きした方向にも取っ手があれば嬉しかったです。

サイクロン式で、EC-NX500のお手入れは比較的楽です。
フィルターがいっぱいになる前にお掃除ランプがつきますが、セットも簡単なので手間はかかりません。

電源部分は、自動エコモードやアイドリングストップボタンがあって節約にもなります。
ヘッド部分は、壁際や吸水口の向きを縦にできるので狭い場所にもしっかり入り込んで掃除をしてくれます。

音ですが、ヘッドの音が少々うるさいです。
昼間に使用することが多いので気になりませんが、特にフローリングで横にEC-NX500をスライドした時の音がキュルキュルとなります。

付属吸水口の種類は、ベンリブラシといってパイプを外して手元のハンドルのみで使用できる優れものです。
使い始めて2年たちますが、ホースの破れ以外は特に問題なく使っています。

EC-NX500スペック
・電源:100V 50-60Hz
・運転音59~約54dB
・質量:4.8Kgホースパイプ含む
・消費電力850~約300W
・集じん容積:0.35L
・吸込仕事率:300~約60W
・コードの長さ:5m

全自動掃除機、ルンバ780を使ってみました!

ずっと欲しかった全自動掃除機、ルンバ780をいただいたので今日早速使ってみました。
まずは常にルンバ780を置いておく、待機場所を確保。意外と場所を取るのでパソコンデスクの下に置きました。
そして早速スタート。
ルンバはゆっくり動き出し、部屋の中を走り回りました。
しばらく様子を見ていたのですが、適当に動いているだけのような気がします。

センサーで色々感知しながら掃除してくれるんだろうと思い、掃除機をかける手間が省けた私はテレビを見ながらゆっくりすることにしたのですが…。
思ったよりルンバの音がうるさく、テレビの音量をかなり上げないと聞こえませんでした。
しばらくしたら掃除も終わるだろうと思って気にしないようにしたのですが、なかなか終わる気配もありません。

しかも、同じところばかり掃除しているような気がしました。
一旦外出し、3時間ほど経ってから帰宅すると、ルンバ780は充電器の上にちゃんと戻って静かになっていました。
掃除はしっかりできているかチェックしたところ、残念なことにルンバが通った跡は綺麗になっているのですが、壁際などの隅っこのホコリが全くとれていませんでした。

ボディーが丸いせいなのでしょうか。
結局隅っこは自分で掃除することになりました。

ずっと欲しかった全自動掃除機ですが、音がうるさく時間がかかり、隅っこのホコリが取れないのならば自分でさっさと掃除機をかけたほうがいいのではないかと思ってしまいました。
ルンバ780を稼働させるのは仕事に行っている間など、外出する時のほうがよさそうです。

デロンギヒーターの電気代は?

我が家では夏の間はエアコンがフル回転で家を快適にしてくれていますが、冬の間はお休みしてもらっています。
というのはエアコンの温かい風が私はどうも苦手で、顔ばかり火照るような気がするからです。
エアコンがお休みしている間に我が家を快適に保ってくれるのはデロンギヒーターです。

デロンギは風を出して部屋を暖めるのではなくて、空気を温めて周囲の壁などを温めて部屋全体を柔らかく包むような感じで温かくしてくれます。
ペットのわんこにも危なくないし、とても気に入っています。
ただひとつだけ欠点があります。

それはなんといっても電気を使って温めるために電気代が高くなるという点です。
デロンギで電気代があまりかからないような節電タイプのものが開発されて売り出されたら絶対買い直したいと思っています。

それから、寒い季節になるとお風呂に入るときに脱衣室が寒いので、お風呂に入る少し前に脱衣室に置いているダイソンの温風ヒーターをつけています。
これは見た目のちょっとおしゃれで炎が出たりすることもないので安全なので気に入っています。

こちらも電気なのでやはり電気代がかかります。
冬になるとなんだかんだで我が家の電気代はアップしてしまうのです。