自己破産の必要書類の準備

借金返済が滞ると、支払い催促の電話が毎日のようにかかってきます。
そこで、弁護士や司法書士に相談すると、債務整理を勧められます。
仮に財産を持っていないなら、自己破産がお勧めです。
家・預金・車等があると、借金もなくなりますが、財産も取られてしまいます。

ギャンブルで浪費した場合は、認められないこともありますが、通常の生活の中で作ってしまった借金についてはほぼ認められます。
これを免責許可と呼びます。

今、ホームページ等で検索すると、借金問題専門に扱う弁護士事務所や司法書士事務所もあります。
何度か事務所へ出向いて手続きしたり、必要書類を提出したりしますので、自分の生活の中で行ける範囲にある事務所にお願いしたほうが良いと思います。

手続きするためには、どの会社から、いつから、どのくらいの借金があるのか?わかる範囲で必要書類があれば、持参したほうが良いです。
持参しなくても依頼はできますが、話が早くなるので、結果として催促が止まるもの早くなります。

自己破産が決定すると、官報に住所・氏名が載ります。
官報を見ている人はそんなにいないと思われますし、思った以上に掲載人数が多いです。

自分の知り合いを探すほうが難しいのではないかと思うぐらい、多くの人が官報に載っています。
ヤミ金らしき会社から、「借金できます」という、手紙は来ますが、無視していても何も起こりません。

決定後、7年間ぐらいは新しい借金は出来ません。
自己破産した時に借りていた会社からは借りられないとも、言われています(申し込みをしてもやんわり断られます)。
借金問題は解決することが出来ますので、早めにご相談してください。

参考:自己破産の必要書類|家計簿・通帳など・裁判所申請の必要書類!

自己破産の必要書類は?

自己破産は、法律の専門家に依頼する人が殆どだと思います。
裁判所に申し立て申請をしてから、免責が認められるまでに時間がかかるため、少しでも早く手続きを進めていきたい場合は、要領よく進めていきましょう。

自己破産の手続きそのものは、依頼した法律の専門家が代行してくれるます。
そのため手続き自体はそこまで負担のかかるものではありませんが、申請をするためには書類がいろいろと必要です。
まずは、必要書類を集めて準備を進めていくことになります。

また、自己破産を検討している人の中には、法律の専門家に依頼しないで、自分で手続きを進めていくという人もいるかもしれません。

必要書類や申し立ての書式に関しては、すべての裁判所で同じというわけではありません。
それぞれの裁判所によって異なるため、必ず裁判所で事前に確認をして間違えないように要注意です。

基本的に法律の専門家を通して自己破産をする場合は、住民票と戸籍謄本、給料明細や源泉徴収、市民税や県民税の課税証明書などが必要になります。

ほとんどが役所で手に入れる書類になるため、何度も役所に行って取るようなことがないように、まとめて入手するようにしましょう。

また、車や住宅は没収の対象となるため、車の車検証や不動産登記謄本、保険に加入している場合や年金に加入している場合の書類なども必要になってきます。

自己破産の必要書類に書き漏れがあった体験談

今からもう10数年前に色々あって借金が重なり、自己破産の申請をしました。
親兄弟も債務整理しているという、周囲にばれたらとんでもなく恥ずかしい過去を持っています。
人生に失敗したともいえますが、本当に色々ありました。

申請は、弁護士を立てず全て個人で手続きしました。
どこにいつからどのくらい借金をしていたか、といったことを書類に書いていきます。
分からないことは、その金融会社に詳しく問い合わせて聞いたりしました。

その際、自己破産することを伝えると、それはもう厳しく言われたものです。
当然返す言葉はありませんでした。
こちらも、借金前の生活に戻りたくて、仕方なく選んだ道でした。

裁判所に申請する必要書類も全部自分で書きましたが、そこで大きな失敗をしました。
それは、自己破産が成立し、一安心していた時でした。
必要書類に借入先を一か所、書き忘れていたことが分かったのです。

残債40万円ほどだったと思います。
書類の書き漏れはないと思っていましたので、とてもショックでした。
でも、失敗したのは自分ですし、他の借金がなくなったので、まずは利息のみ払っていくことにしました。
正直支払うのが苦痛で、毎月利息に毛が生えた程しか払えませんでした。

結果、手続きから10年ちょっとかかって完済し終えました。
我が家は収入も低いし、ローンも通らずよその家庭よりはるかに貧しい暮らしを、今でも送っています。
それでも、自己破産にどれだけ救われたかわかりません。