心斎橋でリーズナブルに中華を楽しむ!中華旬彩 森本

大阪メトロ御堂筋線「心斎橋駅」から徒歩4分、ビルの地下1階に「中華旬彩 森本」はあります。
入口が一瞬分かりづらいですが、ビル1Fにメニューの看板が出ていて、そこから下に向かう階段を降りればお店の入口になります。

ランチタイムには、中華旬彩 森本の店内だけでなく、階段部分にも行列ができるほどの人気店。
並ぶのは近隣のオフィスで勤務する女性が多いが、男性の姿もちらほら。

それもそのはず900円~1,200円のお手頃価格でデザートの杏仁豆腐がついてきて、メニューによってはご飯のおかわり自由と男性にも嬉しいサービスがあるから。

中華旬彩 森本おススメのメニューは「森本名物 よだれ鶏 ランチ(1,050円)」。
四川名物 よだれ鶏、コシヒカリのごはん、日替りスープ、ミニサラダ、杏仁豆腐と充実した内容です(もちろん、ごはんはおかわり自由)。

もし他の麻婆豆腐、担担麺、黒酢酢豚などのメニューを食べたい場合は、「ミニよだれ鶏(500円)」を追加することも可能。
中華旬彩 森本は、白と木を基調とした清潔感あふれる店内で、お茶の追加をすぐに持ってきてくれるなど店員のサービスも完ぺきです。

【店舗概要】
店名:中華旬彩 森本
住所:大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-4-14 燕京ビル B1F
電話:06-6252-6022