ももんじや、両国で有名な猪肉料理の専門店

ももんじやは、享保3年(1718年)から続く猪鍋のお店。
今では、すっかりメジャーとなったジビエ料理。
ももんじやは、前江戸時代から続いている、日本のジビエ発祥のお店といっても過言ではありません。

猪鍋(4000円)は、みそ仕立ての「すき焼き」風になっていて、少し甘めの味付けになっています。

猪肉は、脂が美味ですね。
脂が甘くて、味がしっかりしています。

いつも食べている牛や豚とはちょっと違う感覚。
濃厚なみその味に猪肉の脂が負けていません。
よく煮込んだほうがおいしくいただけます。

そのほかにも、鹿肉、熊肉を使った料理が多数あります。
ももんじやオススメは、鹿肉の刺身(1,600円)ですね。

さっぱりとして、クセもなく、馬肉に近い感覚ですね。
肉にはしっかりとした歯ごたえがあります。
味が濃厚なのに、とてもヘルシーです。

猪鍋や鹿肉の刺身は、野獣肉コース (先付・猪鍋・鹿刺身・熊汁・鹿竜田揚)(7,000円)に付いてくるので、コースで頼んだほうがお得に食べられます。
今では、なかなか貴重となってしまった、猪、鹿、熊を堪能できる、ももんじやは貴重なお店です。

お店の詳しい情報をお伝えします。

店名:ももんじや
住所:東京都墨田区両国1-10-2
電話:050-3469-3543