台南酒家、門司に突如現れたガチンコ系台湾料理のお店

台湾料理と言われてピンと来る方はそう多くないと思います。
実際中華料理とあまり区別がついてないのが実情ではないでしょうか。

北九州市門司区には、実際に台湾で修業した大将が、突然開店した本格台湾屋台料理のお店、台南酒家があります。
国道3号線のJR門司駅を通過して柳町に一本入った最初の角がお店になります。
さっぱりとした台南酒家店内はどこか異国情緒を感じます。

台南酒家のメニューは、台湾の屋台メニュー、豚足や豚ミノが350円~となっています。
ビーフンも700円とちょっと南アジアを味わうにはうってつけのラインナップです。

一品でオススメは豚ミノです。
独特のダシに漬け込まれた豚ミノを、これまたオリジナルの辛子味噌でいただくのですが、癖になります。
容器代50円で持ち帰りもできますので、酒の肴にはもってこいの一品です。

珍しいのはターミーメン(700~850円)と呼ばれる台湾独自の麺類です。
鶏ミンチにパクチーをどっさり乗せたさっぱり系の麺なのですが、これがなんとも言えない味でたまりません。

地元では飲んだ後の〆で、台南酒家に来店する人が多いようです。
ミニサイズ(450円)もありますのでお試しでも大丈夫ですね。
台南酒家、スタンダードな中華とは違う味を求めるならぜひ試してみるべきでしょう。

店名:台南酒家
住所:福岡県北九州市門司区柳町1丁目3-17
電話:093-382-5700