千代田区丸の内、二重橋前でタイ料理「カオタイ」。

カオタイは、東京駅から徒歩5分以内のオフィスビル地下に入っているタイ料理のお店です。
お昼の時間は多くのOLやサラリーマンで長蛇の列になります。

カオタイは、ショーケースに並ぶ5種類くらいの料理から選び、白いご飯(日本米)にのせて食べるいわゆる「屋台形式のぶっかけ飯」です。
イートインとテイクアウトが選べます。
イートインは10席もないですが、さくっと食べて出ていく方が多いので、回転は速いです。

おすすめメニューは、カオタイ一押しの「ガパオライスの目玉焼きのせ」です!
めぼしい都内のタイ料理店のガパオライスはだいたい食べ歩いたのですが、私はカオタイのガパオライスが一番好きです。
ジャスミンライスでなく日本米なので「現地風」ではないですが、しかし「チェーン系の味」でもない、カオタイ独特のおいしさがあります。

辛さは一般的なガパオライスと比べるとかなり辛いですが、辛いだけではなく、鶏ひき肉の旨みが感じられます。
ちなみに具材は(見る限りですが)鶏ひき肉、パプリカ、ピーマン、玉ねぎ、たけのこといった感じで、比較的野菜の割合が多めのガパオです。

【お店の基本情報】
店名:カオタイ
住所:東京都千代田区丸の内2-1-1 丸の内マイプラザ AZA B2F
電話:03-6212-2188