栃木県栃木市、佐野ラーメンの美味しい店!「小三郎」。

佐野ラーメンといえば、栃木県を代表するラーメンです。
佐野ラーメンは元々栃木県佐野市が発祥の地ですが、最近ではその周辺の足利市や栃木市などでも佐野ラーメンのお店を見かけることは珍しくありません。
そこで今回はあえて佐野市ではなく栃木市にお店を構える「小三郎」さんについてご紹介したいと思います。

小三郎は、田舎道を進んだ中に突如現れ、一見目立たなそうな場所にあります。
佐野ラーメン屋の中では割と穴場な店だと思います。
しかし、小三郎に行くといつもお客さんが並んでいます。
閉店時間が19:30と割と早めなこともあり、夜は18時頃がピークとなっているようです。

小三郎の一押しは、生姜ラーメンと餃子です。
生姜ラーメンは、ラーメンの上に刻んだ生姜が乗っていて、この生姜もただの刻み生姜ではなく、刻んだチャーシューと和えてあり、味付けされています。
これだけをご飯に乗せて食べたいくらいです(笑)。
生姜ラーメンは食べていると体の芯からホカホカしてくので、特に冬の寒い時期にはおすすめです。

それから、小三郎のスープは佐野ラーメン特有の透き通った黄金色であっさり上品な味わいです。
飲むほどに美味しさが増し、思わず飲み干したくなるようなあっさりした癖のない喉ごしです。

餃子は、何と言っても大きさに驚きです。
一つ一つに具がぎっしりと詰まっていて、野菜多めなのでとても食べやすいです。
皮はすごくもちもちで美味しいです。
生姜ラーメンと餃子の価格はそれぞれ750円と400円です。

従業員は全部で5、6人いて、若い男性が多いので活気があります。
接客態度も良いです。

小三郎の店内は座敷席が多く、テーブル、カウンターもあります。
小さい子を連れた家族連れの方や年配の方も多い印象です。
レジ横には、その日に作ったチャーシューがブロックで置いてあり、無くなり次第終了とのこと。
夜に行くといつも売り切れています。

佐野ラーメンの中でも生姜ラーメンを出しているのは、おそらく小三郎だけだと思うので、興味のある方はぜひ一度行ってみてください。

店名:小三郎
住所:栃木県栃木市大平町西水代2865-1
電話:0282-43-0414