泉の鯉、小林市にある山間を流れる湧き水で育った鯉料理店

九州道を鹿児島方面に向かい、小林方面へ左折し、小林インターチェンジを降りてすぐにある「泉の鯉」さんは、私が小さい頃から、父に車で宮崎市から出向き、とても縁深い鯉料理屋さんです。
泉の鯉では間違いなく美味しい鯉料理を満喫することが出来ます。

店名:泉の鯉 (いずみのこい)
住所:宮崎県小林市南西方1239-1
電話:0984-24-0274

泉の鯉の看板が道路沿いにあり、そこをるくだる様に降りていき、とても細い路地を抜けると駐車所があります。
そして駐車場先を見渡すと、数百匹の鯉が、綺麗な山からいただいた湧き水の中を泳いでいます。

これだけでも既に圧倒される勢いです。
この湧き水により、池の中を泳いでいる鯉は、必ず数か月はそのままねかせておき、体内の砂や汚れがろ過され、臭みの無い鯉になるそうです。

泉の鯉では、まず鯉の刺身を必ず食べてください。
先ほど泳いでいた鯉が活き締めされ、とても新鮮で全く臭みを感じないお刺身が頂きます。

またセットで、鯉コクのお味噌汁も付いてきて、これだけで十分な鯉料理が楽しめます。
このお刺身セットは1人前で、1500円程度。
ごはんやちょっとドリンクなど頼めば、おおむね一人2,000円程で十分楽しめることが出来ます。

注文してからもあっという間に刺身出てきて、非常にコスパがいいお店。
泉の鯉の店員さんも料理の説明を宮崎弁でしてくれるのは、なんともうれしい限りです。

また、シーズンによりますが、ヤマメの塩焼きなど、この山間のきれいな水で育った川魚がありますので是非堪能してください。
泉の鯉は、私が今まで食べた鯉料理の中で最高峰の一つとなります。